マルガリズム

【2018シーズンJ1】ジュビロ磐田入れ換え戦に勝ってギリギリ残留 #jubilo

calendar

2018年12月8日、
Jリーグ開幕当初は最強と謳われた東京ヴェルディ(当時はヴェルディ川崎)、
Jリーグ史上初の1st2ndステージ優勝、完全制覇を成し遂げたジュビロ磐田。

そんな2チームがJ1参入プレーオフの入れ替え戦で戦うという、
哀愁や悲壮感が漂う1戦に勝利してギリギリもギリギリでJ1に残留を果たした我らがジュビロ磐田。

どうしてこうなった( ノД`)

スポンサーリンク

怪我人続出

何も資料やデータを見返さなくても、
アダイウトン、
ムサエフ、
新里、
スタメン選手でシーズンを棒に振る程の大怪我をした選手が簡単に思い出せます…

この点は誰が監督でも頭を抱えたでしょう…

得点少なすぎ、失点多すぎ、名波の戦術単純すぎ

得点少なすぎ

攻撃はアダイウトンの突破と、
俊輔のセットプレー頼み。

アダイウトンの大怪我と、
俊輔が怪我がちだったため、
それ以外は何も無い。

リーグ16位の得点数が2人頼みだった事を物語る。

失点多すぎ

昨シーズンのリーグ2位を誇った失点数の見る影は消え失せ、
リーグ10位まで下がってしまった。

守備は組織は無く、
頑張って前線からプレスしろ位。

あとはカミンスキー頼み。

カミックでも止められないものは止められない。
2017シーズンが止めれた方に天秤が傾いてたけど、
今年は止めれないほうに傾いた。

カミックが調子悪けりゃ失点。

基本ズタズタに崩されて失点。

どのパターンで相手が攻めてきたら、
ドコのラインから誰に誰がプレスをかけて、
ドコにボールと選手を追い込み、
誰のトコで誰が奪い、
どうやって攻撃に繋げるかが全くない。

そうじて監督 名波の引き出しの少なさが響いたかな…

彼は強化部で選手口説くのに専念したらいいんじゃよ…

2019年シーズンへむけて

ただ一言
目標は残留です!
以上。

Google検索


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください