マルガリズム

奥さんとデート♪静岡県周智郡森町あじさい寺

calendar

どうも、奥さん大好き人間の丸刈りメガネです。
今日は遠州の小京都と呼ばれる静岡県の周智郡森町の、
県内有数の紫陽花の観光地として有名なあじさい寺へ奥さんとデートに行ってきましたよ。

今年はタイミングが良く紫陽花が満開でした。
さらに小雨も降っていて、
「雨と紫陽花」と言う日本人の心に刻まれている景色を堪能出来ました。

スポンサーリンク

あじさい寺とは

正式名称は曹洞宗実谷山極楽寺(じっこくざん ごくらくじ)
・遠州七福神寿老人霊場
・遠州三十三観音霊場33番札所 遠州一姫
・廿九福地蔵13番札所
・遠江十二支霊場阿弥陀如来霊場
でもあります。
境内には30種類以上13,000株の紫陽花が植えられており人気を集めています。

あじさいが満開

2016/06/19(日曜日)
我が家から車を走らせる事40分弱で現地に到着。
駐車場がそんなに広くない(40台止められるかどうか)ので、
あじさいのシーズン中には駐車場待ちになることもしばしば。
今日はラッキーにもストレートイン出来ました。DSC_0910
駐車場からの景色にも風情があります

拝観料

大人500円(中学生以上)
子供100円(小学生以下)

※御朱印もあります、300円で記帳を受けられます。

チケットが干支の絵馬

拝観料を支払うとチケット代わりに、
その年の干支と紫陽花が描かれた絵馬が頂けます。
この絵馬が非常に人気があり、コレクターの方も多いとか。
DSC_0906
例に漏れず、私達夫婦もコレクション!
現在3年連続で訪れています。
12年続けて干支を制覇したいですね。

DSC_0909
敷地に入ってすぐに出迎えてくれる紫陽花と燈籠

DSC_0902
本堂へ向かう参道脇にも多種多様な紫陽花

DSC_0901
本堂の脇にも沢山の紫陽花

DSC_0900
本堂の中から
※本堂内の仏像や展示品は撮影禁止です。

今年(2016年)は特別

本堂内からの写真を紹介した所で、
特別な情報を皆様におすそ分けです。
あじさい寺では、12年に一度ご本尊である子安延命地蔵尊が一般に公開されます。
その12年に一度が申年である今年なのです!
公開期間は6/1~6/30のわずかに1ヶ月間となっています。
あと10日弱しかありませんが非常に貴重な機会となっています。
紫陽花も素晴らしいですし是非訪れてみてください。

※御本尊も撮影禁止となっています。

DSC_0907
様々な種類と色の紫陽花

IMGP0479
雨の水滴と

DSC_0908
本堂が霞むほどの紫陽花達

IMGP0480
今回のお気に入りの1枚

IMGP0481
蜘蛛の巣に絡む水滴と

DSC_0905
紫陽花は紫が好き

アクセス

住所 静岡県周智郡森町一宮5709
TEL 0538-89-7407

レトロな地図を頼りに行きたい方はあじさい寺公式サイトをどうぞw
東名高速の袋井ICから車で30分程度
新東名高速の森掛川ICから車で20分程度

車で訪れる事をオススメします。

おわりに

奥さんが妊娠中なので、2人で来れるあじさい寺は今年で最後になります。
そのタイミングで12年に一度しか公開されない
子安延命地蔵尊を拝観出来たのは非常にありがたい事でした。
※子安延命地蔵尊とはその名の通り、安産と長生きの御利益のある仏様です。

妊娠中の奥様を持つ旦那様は是非、
奥様をあじさい寺デートに誘ってあげて下さい!
きっと、紫陽花を背にした奥様の素敵な笑顔が見れますよ。

私達は来年は家族3人で来ます!

Google検索


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください