マルガリズム

ブルーヘブン(コニファー)の育て方 枯れた枝を取り払ってメンテナンスしました。

calendar

どうも丸刈りメガネです。

今年も葉の変色を乗り越えた我が家のブルーヘブン。

梅雨を控えて葉の緑も美しくなってきましたが、ちょっと枯れた部分が目立ってきたので、
ちょいとメンテナンスしてみました。

スポンサーリンク

メンテナンス=剪定

メンテナンスって言いましたが、
どうやらダメになった部分を取り除いたり、
形を整えることを剪定と言うらしいですね(笑)

色々調べてみたら、
ブルーヘブン含むコニファー類は金属に弱いそうです。

金属で切断するとその部分が、
茶色く変色してしまうそうです( ̄▽ ̄;)

セラミックの剪定バサミや、
手でやるのが良いそうです!

では早速やってみましょう。

枯れて変色した部分を取り除く

とはいえ、私はセラミックの剪定バサミなんて持って無いのです(笑)

というか、
Amazonにセラミックの剪定バサミ無いんですけど(笑)

Amazonに無いものを素人がどうやって手に入れたらいいんですかね??www

軍手を装着して手で摘み取っていきますよー。

こんな風になってしまった所を摘み取ります。

すげー簡単に取れました(笑)

この調子で、
5本植えてあるブルーヘブンを全部処理しました。

なんかね、思ったより簡単に処理出来ましたー

おわりに

枯れた部分を取り除いて、
我が家のブルーヘブンは見た目がスッキリ良くなりました!

枯れた葉を取り除いたので、
風通しや日当たりが良くなり成長の手助けになったらいいなぁ。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください