マルガリズム

抱っこひもの使い分けが便利って気がついてしまった!

calendar

我が家では抱っこひもを3つ使っています。

用途ごとでの使い分けがかなり便利なので、
我が家の使い分け方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

使い分けのきっかけ

最初は出産前に買ったエルゴを、
いつでもドコでも使っていました。

しかし、息子が成長していくにつれて(現在ヶ月)、
家の中(家事をやりながら)、
外出中(ベビーカーに乗ってくれない時や食事中)、
散歩中(ベビーカーに乗ってくれない時)と、
様々な場面で抱っこひも使うようになってきました。

一つの抱っこひもを使い回すと、
寿命も短くなってしまいます。

ぶっちゃけエルゴ高いのですぐ使えなくなるのは勿体ないのですwww

さらには、
家の中で使った後に外出する時など持っていくのを忘れて、
ずっーと抱っこしたりしてしんどい思いを何度かしました。

なので二人で話し合った結果、
思いきって抱っこひもを複数持って用途別に使い分ける事にしたのです。

使い分けている抱っこひも

それでは使い分けている抱っこひもを紹介していきます。

我が家で使っている抱っこひもは、
全てお父さんもお母さんも使えるサイズの物です。

エルゴ アダプト

外出用に使っています。
持っている中で一番性能が良く、
重さも軽いので、
ショッピングモールとかを歩き回る間使っても疲れが余り酷くないです。

特に肩に当たる所ののクッションと、
腰の部分にあるパッドが威力を発揮します。

私の様に腰痛持ちな方には必須の抱っこひもかもしれません。

また、安全装置としてベルトも着いています。子供の落下防止に威力を発揮します。

安全対策がとられているのもオススメ出来ます。

人気商品の為、偽物が出回ってるらしいです。
安いからと飛び付かず、
紛い物をつかまされないように、
店舗でも、ネットでも正規取り扱い店で購入しましょう。

buddybuddy(バディーバディー) サイドプラス オールメッシュ

家事する時用として活躍中。

全体的な使用感はエルゴアダプトには劣るが、
エルゴの半額以下で購入したにしてはコスパが良いと感じます。

腰パッドも安全ベルトもちゃんと有ります。

またエルゴアダプトでは出来ない前抱っこが出来るので、動物園等の子供に何か見せたい物がある所に出かけるときにはエルゴアダプトよりも活躍しています。

エルゴよりは疲れるので注意(笑)

buddybuddy(バディーバディー) アーバンファン

息子が散歩中にベビーカー乗っていると、
たまに嫌がってギャン泣きしてしまいます。

その時のだっこ用として購入。

ベビーカー押しながら抱っこは危険すぎるので、安全対策として買いました。

これは今までの2つと違い、肩ヒモも細く腰の支えも微妙なのでかなり疲れます。

散歩中のギャン泣き対策としての緊急用なので安いもので良しとしました。

おわりに

抱っこひも3つを使い分けていますが、
性能と値段は比例していると感じています。

性能の良さは子供の快適さだけでなく、
使うの我々の疲れの軽減にも影響します。

疲れにくいと言うことは、
イライラが軽減されます。
イライラが少なければ家事も捗りますし、
外出中に感じるストレスも減ります。

良いものを1つ買って使い倒して買い換えていくのも大いに有りだとは思います。

それも有りだとは思いますが使用用途や主に使う場所に合わせて抱っこひもを複数用意する方が良いと我が家では結論を出しました。

是非使い分けを試してみてください。

Google検索


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください