マルガリズム

初めてのワンオペ育児!奥さんの大変さを共有出来て良かったって話!

calendar

どうも丸刈りメガネです。
息子が二ヶ月の頃に初めてのワンオペ育児を経験しました。

その時の事ををまとめてみましたので、
ワンオペ未経験のお父さんは読んでみて下さい。

スポンサーリンク

ワンオペの経緯

奥さんが友達の誕生日会に参加の為、
初めてのワンオペ育児をすることに。

18時くらいに出発して、
23時くらいまでに帰宅の予定でした。

ワンオペするにあたっての不安

初めてのワンオペをする上での懸念事項は、
息子が搾乳して冷凍した母乳もミルクを完全に拒絶する様になっていた事です。

飲ませる道具が哺乳瓶でもスパウトでも、
全く受け付けない状況です。

自分が飲ませても、奥さんが飲ませても拒絶してしまいます。

しかしかながら、
出産後に1人で遊びに行っていない奥さん。

もちろん不安はありますが、
奥さんが友達と会って楽しむのも超大事です。

奥さん自身も息子がおっぱいからの母乳以外を飲まないのを心配していましたが、

「大丈夫、大丈夫鳴いたら寝かしちゃうからなんとかなるよ」と、
半分強引にお出掛けしてもらいました。

初めてのワンオペの詳細

出発までの準備

まずは沐浴をすませて、
奥さんが出発ギリギリに授乳します。

この頃の授乳ペースが長くて3時間間隔。

出掛ける予定が5時間程度の予定だったので、
スプーンやスポイトで少しでもミルク飲んでくれれば2時間位もつだろうとの計算です。

ついにスタート

奥さんが出発していよいよワンオペ育児の開始です。

とは言え、出発してすぐはお腹も満腹なのでただただ息子を愛でるだけで、
全く問題なし(笑)

抱っこしたり、布団に寝かせて眺めたり、オムツ替えたり、テレビ見たり、ゲームしたり。

息子独占でバカ親全開ですwww

しかし、夜の9時つまり出発前の授乳から3時間が経過した頃から少しドキドキしはじめます。

当初の計画では9時から9時半位には、
奥さんから帰るコールがあるはずだったのですが、スマホはうんともすんとも言いません( ̄▽ ̄;)

何やら嫌な予感です…..

大トラブル発生

始めに言っておきますが、
息子や奥さんに何かあった訳では無いのでご安心下さい(笑)

奥さんの様子を伺う

帰る予定の時間になっても連絡がないだけで何かあったと決めつけられないので、
「何かあった?」
とは聞かずに(奥さんの不安を煽りたくない)
「息子爆睡www」
と画像を送信して様子を伺います。

が、しかし返信はございません( ̄▽ ̄;)

ぶっちゃけ酔うとめんどくさくなる友人が参加しているのを知っていたので、
これくらいは計算通りだったのです(笑)

息子の空腹タイム

奥さんからの連絡を待っていると、
22時頃についに息子の空腹タイムがやってきました!

とりあえず冷凍母乳を解凍して、
哺乳瓶とスパウトに入れて準備完了。

しかしと言うか、やはりと言うか、
飲んでくれませんwww

ココからが本番です!

スポイトで口に流し込む!!

スプーンで口に流し込む!!!

号泣しながらも、
少しずつ飲んでくれる息子( ̄▽ ̄;)

いつもの授乳の何倍もの時間をかけて、
いつもの半分も飲めずに泣きつかれて寝てしまいました(泣)

再度連絡

息子が寝た23時頃に奥さんへ再度連絡を。

「寝たよー」と報告すると、
「まだ誕生日会終わらない、サプライズで用意したケーキすらまだ出てこない(泣)」
と返信がありました。

このトラブルを細かく書くととんでもないボリュームになってしまうので超省略すると、
幹事泥酔、全てのサプライズプラン台無し、幹事の自分自慢からの誕生日の友達をディスる等々、とにかく23時になっても誕生日会すら終わってない状況でした( ̄▽ ̄;)

奥さんが息子の授乳あるからって言っても、
「しらけるー」とか言いやがったそうです。

息子覚醒

そんなトラブルが起きてしまったので、
ワンオペ育児延長です( ̄▽ ̄;)

いつもより少ないミルクで寝てしまった息子は、
わずか1時間程で目覚めてしまいました。

再びスポイトやスプーンでの授乳を行います。
飲む量が全然少ないので泣き止まない、
泣いているのでミルクが上手く飲めない、
まさに悪循環です(泣)

日付をまたいだ頃にミルクを諦め、
奥さんが帰ってくるまで抱っこする事を決意します。

奥さんの帰還

泣きじゃくる息子を抱えつつ、
奥さんの幹事への怒りを聞きつつ、
誕生日会の終了を待ちます(笑)

奥さんの帰りを焦って待っているせいか、
息子は泣き止みません。

そして、午前1時を過ぎた頃奥さんから

「今から帰る!本当にごめん!!」
と連絡が。

焦って車を運転して事故られたら嫌なので、

「焦んないで大丈夫よー、抱っこで寝てるからー」とカッコつけて返信しつつも、
内心は「やっと奥さんが帰って来るんだ!」と、超安心しました。

しばらくして奥さんが帰宅。
授乳をしてもらい満腹になった息子はスヤスヤと夢の中へ。

こうして初めてのワンオペ育児が終わりました。

まとめと余談

初めてワンオペ育児してみた感想は、
とにかく目が離せなくて大変
ミルク飲めなくて泣き続ける息子がかわいそうになってしまう
でした。

お子さんが哺乳瓶やスパウトからでも冷凍母乳やミルクを飲んでくれるなら、
飲ませ続けた方がいいと思います。

我が家は一旦哺乳瓶止めたら2度と飲んでくれなくなりました(9ヶ月で卒乳するまで哺乳瓶ダメなままでした)

哺乳瓶から飲んでくれるのとくれないのでは、ワンオペ育児の難易度が格段に違います。

旦那さんにワンオペ育児してもらいたいなと思っている奥さんがいらっしゃったら、
ぜひ哺乳瓶で飲める子ならそのまま哺乳瓶続けてやってください。

そして世のお父さんは子供がなるべく小さい時にワンオペ育児を経験するべきだと感じました。

奥さんが当たり前にやっている様に見える家事育児が、
全く当たり前ではなく必死でこなしているって事を夫婦で共有する事は、
今後の家族のために非常にプラスになると思います。
あ、泥酔幹事とのイザコザははぶかせてもらいましたが、
需要があれば追記するかもです(笑)

Google検索


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください