マルガリズム

【やればできる】カングーのヘッドライトのバルブを自分で交換してみた

calendar

どうもカングー乗りの丸刈りメガネです。

今回はカングーのヘッドライトの交換を自分でやってみた話です。
ヘッドライトのバルブを止めている金具が固くて、
取り付けるのに凄く大変だったけど、
それ以外は軽くやれました。

写真付きでまとめたので参考にどぞ!

スポンサーリンク

ヘッドライトのバルブの規格

「H4」「H4U」
という規格がカングーに適合するそうなのでちゃんと適合する物を準備しました。
カー用品店や、ホームセンターで購入できます。
自分はホームセンターで購入しました。

運転席から見て左側のヘッドライト交換

なぜわざわざ左右どちらか明記したのかと言いますと…

今回ヘッドライトのバルブを交換した運転席から見て左側のヘッドライトは、
すぐ側にバッテリーが配置されていて作業スペースが右側に比べて物凄く狭いからです。

てなわけで早速交換していきましょう。

ボンネットを開ける

日頃からボンネットをあける機会なんてそうそう無いわけで(笑)
まずはココに苦労しました。

助手席の足元、
発煙筒の上くらいにあるツマミがボンネットを開けるツマミになります。

ちゃんとストッパーをしてボンネットが閉じない様に安全対策。

ヘッドライトのバルブ交換手順

1.ヘッドライトのバルブを外す

この丸い部分にヘッドライトのバルブが収納されています。

まずはカバーを外します。

するとカプラと呼ばれる電気をヘッドライトに供給する部品のお尻が見えます。

プラスチックのボディを持って左右に揺らしながら引っ張ると簡単に外れます。
※コードを持たない様に注意してください。

ジャバラ状のゴムカバーを外します。

赤丸部の金具を外します。
※狭くて写真撮れませんでしたが、
金具はバルブの上部で引っかかって固定してあります。
引っかかている部分を上に持ち上げる様に外します。

外したバルブがコチラ。
見事に線が切れていますね。

2.ヘッドライトのバルブを取り付ける

新品のバルブを取り付けていきます。

注意点はただ一つ!!
バルブ取り付けようの金具がクソ固いから頑張れ!!
以上!!!www

気合で頑張って見事に新品バルブを取り付ける事が出来ました。

3.動作確認

バルブの交換が終わったら、
とりあえずカプラをつないでライトが着くか確認しましょう。

ライトが問題なく点灯すれば交換はバッチリです。

4.カバー等をもとに戻す

取り外しの逆手順でカバーやカプラを取り付けていきます。

  1. ジャバラ状のゴムカバー
  2. カプラの接続
  3. カバーをつける
  4. ボンネットを閉める

これでヘッドライトのバルブ交換は終了です。

まとめ

バルブ固定の金具の固さが克服出来れば作業自体はすごく簡単でした。

バルブ自体も簡単にてにはいりますし、
作業の難易度も低いです。

これくらいなら自分でやって整備費用を節約するのも有りだなと思いましたとさ。

Google検索


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください