マルガリズム

カツオノエボシって死んでも毒の残る怖いクラゲだったのかよ!子供のころに知らずに遊んでた!

calendar

どうも丸刈りメガネです。

ここのところネットで話題(一部界隈で)のカツオノエボシってクラゲが、
自分の子供の頃の思い出と繋がりました。

クラゲの画像を見た途端に思い出されるクラゲで遊んでた記憶!!!

きっと自分以外にもカツオノエボシで遊んだ事がある人はいるはず!( ̄▽ ̄;)

息子がいる身になった今、
息子がカツオノエボシで遊ばないようにちゃんとした知識を身に付けようと思って色々調べてみました。

スポンサーリンク

カツオノエボシってどんなクラゲ?

まずはカツオノエボシについて調べてみました。

カツオノエボシの見た目

砂浜に転がるこんな青いヤツです。

クラゲクラゲしてないから、クラゲって言われても中々信じられませんね!

自分もカツオノエボシの話題を目にするまで、
子供の頃に浜で遊んだアレがクラゲだって思ってなかったですからね!www

生息範囲

太平洋、大西洋、インド洋に広く分布している。日本では本州の太平洋沿岸でよく見られる。カツオが到来する時期に海流に乗ってきて、浮き袋の見た目が烏帽子に似ていることから三浦半島や伊豆半島でカツオノエボシと呼ばれるようになった。

毒性

人にとって非常に危険な生物である。触手に強力な毒をもち、刺されると強烈な電撃を受けたかのような激痛がある。患部は炎症を起こして腫れ上がり、痛みは長時間続く。二度目に刺されるとアナフィラキシー(アレルギー反応の一種)を起こし、ショック死する危険がある。
カツオノエボシの触手に触れると、表面にある細胞から刺胞という微小な毒針が発射される。これに含まれる毒が炎症や痛みを引き起こすのである。

うおおお、
めっちゃ怖い((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

その他

台風が太平洋岸にやってくると大洋海面に生活する様々な動物が吹き寄せられ、カツオノエボシも多数打ち上げられることがある。乾燥した本種はきれいな青いプラスチックケースのようになるが、これにさわるのも注意を要する。湿気を吸うとちゃんと刺胞が発射され、生きたものほどではないものの、それなりの痛みを感じる。

おお、砂浜に打ち上げられてるヤツは毒性弱まってるんだね!!!

安全じゃないけど、
生きてるヤツより毒が弱いならまだマシかな?( ̄▽ ̄;)

治療法

応急処置は患部を45°C 程度の湯に浸すか、氷で冷やすかの二通りがある。またアンドンクラゲやアカクラゲなどとは異なる仲間なので、同じ処置が効かない、もしくは逆効果になる場合があり注意が必要である。

正しい方法海水で洗い流す、近くにあるタオルやプラスティックボードを使用して触手を除去する(素手で除去しない)。除去した後、氷や冷水で冷やし、医療機関で治療する。対症療法として、抗ヒスタミン剤の軟膏や副腎皮質ホルモン配合の軟膏を塗布することがある。クラゲ除けローションを事前に肌に塗っておく。

以下は誤った治療法なので注意してください。

・砂をかけてもむようにして刺胞を取る。
(刺胞を肌にすり込んでしまう)

・酢をかける。
(酢はハブクラゲ刺傷への応急処置としては有効だが、カツオノエボシに対しては、その刺激で余計に毒が出てしまいまったくの逆効果である)

・真水で洗う。
(真水で洗うと、浸透圧の差で、刺胞の毒液が体内に流れ込みやすくなる)

※以上の引用文は全てカツオノエボシ wikipediaからの引用となります。

子供の頃カツオノエボシで遊んでた

カツオノエボシについて詳しくなった処で、
昔の思い出話をしてみましょう。

最初にも書きましたが、
子供の頃に、砂浜でカツオノエボシで遊んでた記憶があります( ̄▽ ̄;)

青い透明な固い風船みたいで踏み潰すと、
「パンッ」って音立てて割れるんだよね( ̄▽ ̄;)

砂浜に打ち上げられてる状態でも毒が残ってるとか怖すぎる((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

自分も友達も特に毒にやられる事もなく遊べていたのは、
ただ単に運が良かっただけなんだな…

いやぁ、子供時代の事とはいえ無知って怖いね。

おわりに

生きてるヤツより毒が弱いとはいえ、
毒が残っていて怖いことには変わりありません。

砂浜とか海岸付近で、

こんな青い透明なプラスチックみたいなのを見つけたら、

  • 近寄らず!!
  • 触らず!!

を絶対に守りましょう。

危険にたいして知識があれば、
楽しく海で遊べますからね。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください