マルガリズム

奥さんが産後うつになりました。~夫である私が育児休業を取得した理由~

calendar

息子が生まれてから約1ケ月経過した11月中旬頃から3月中旬頃までのおよそ4ヶ月の間、
自分は育児休業を取得しました。

取得理由は、
奥さんが産後うつになり、
ゆっくり療養(詳しくは後ほど)してもらう為に家事と育児をするためです。

産後うつの奥さんに育児を任せっきりにして負担をかける事で、
奥さんの産後うつのさらなる悪化を防ぐため。

以上の理由から育児休業を取得しました。

今回は育休を取得した理由と経緯について詳しくお話しする事で、
自分たちと同じ状況に人達に少しでも情報を提供出来ればと考えています。

※今回の産後うつの事を記事ブログにする事は奥さんの了解を得ています※

スポンサーリンク

当初の育児プラン

産前から奥さんと話し合いをして、
出産・退院からの育児をどうしようか考えていました。

そして話し合った結果が、
「奥さんの実家で育児に専念」して、
「最低でも息子の首がすわって、ある程度育児のペースが掴めるまで」
は奥さんの実家にお世話になろうと決め、
奥さんの両親にも許可を貰い帰省育児の準備をしていました。

期間は細かく決めてしまうと、
自宅に帰る日が迫るにつれて焦ってしまいそうだったので、
自分の冬季休暇の終わりに合わせて家に帰れればイイね、
その間に自分も育児を覚えればイイよねなんてのんびり構えていました。

結果的にわずか1ケ月で実家から家へ帰る事になったわけですが…

産後うつとは

そもそも自分の産後うつについての知識は、
育児情報誌にあった情報をサラリと読んだくらいで、
恥ずかしながら自分達が当事者になってしまうまでは、
あまり真剣に勉強をしてはいませんでした。

今回改めて産後うつについて調べたので、
全ての新米お父さん(自分もですが)に少しでも産後うつの知識をつけてもらい、
万が一、自分の奥さんが産後うつになってしまった時の対応の手助けになればと思います。

産後うつ概要

産後の女性はうつになりやすく、
産後女性の10%-15%が産後うつに罹ると言われています。
症状としては通常のうつ病とほとんど同じです。
産後の体は妊娠前の状態に戻ろうとしてホルモンバランスが崩れがちになります。
そのようなときに、
育児のストレスや家事と育児の両立が出来ない事への罪悪感などがきっかけで産後うつに陥ります。
産後うつが生じる時期は様々ですが、
産後1-2か月以内に起きることも、数か月してから起こることもあります。
また、妊娠中からうつ状態を呈し、
産後もその症状が続いている人もいます。
治るまでには1か月以上かかることも多いですが、長いと生後1年を過ぎても症状があらわれます。

原因

ホルモンバランスの乱れが大きな要因でしょう。
出産により急激に変化したホルモンバランスの乱れが自律神経に作用し産後うつの症状が現れます。
また、育児を自分一人でこなさなければならない環境などで、
ストレスがたまることによっても生じます。
このように産後うつも発症する要因は一つではなく、
いくつかの要因が絡み合って発症していると言えるでしょう。
もちろん、
通常のうつ病の原因でもある人間関係のトラブルや別離などのストレスを出産前後に経験することでも、
産後うつになりやすいでしょう。

症状

基本的にはうつの初期症状に似ています。
気分が沈みがちになる、夜眠れない、漠然と不安を感じるなどが挙げられます。
うつ病の一般的な症状の他に、
子どもが生活の中心となって縛られていることに憤りを感じる、
子供がかわいいと思えないというような育児にまつわる症状も現れてきます。
このような状態が長引くと子どもの発達に悪影響を与えることになります。
また、児童虐待や無理心中といった最悪の結果に結びつく可能性があります。

このような症状が見られたら、早めに精神科を受診しましょう。

※引用部分はこころの相談なら Reme リミー様から引用させて頂きました。(該当記事はリミー様には現在表示されていません 2018.3.28)

産後の奥さんの様子が少しでも妊娠前と違うなとか違和感を感じている方は、
以下のリンクにチェックシートがあったので、
産後うつの気配があるのかどうかチェックしてみてください。

こそだてハック 産後うつの症状チェック。原因と対策は?いつからいつまで?

奥さん自身は自分は産後うつでは無いと思いたいかもしれないので、
旦那さん、ご両親からもチェックをすすめる事も大事だと思います。

自殺などの最悪の事態を防ぐ為にも、とにかく出来るだけ症状が軽い内に対策するのが重要です。

奥さんの産後うつの原因

実家での実父によるストレス

・授乳に行ってくると自分の部屋に入ったのに、
ノックも無しでいきなり部屋に入ってくる。

・生まれたばかりの孫に会いに来るのに、タバコの匂いを体にまとわせながら産婦人科に普通に入って来た。

・タバコは家の中とか家の近くで吸わないでと言っておいたのに、
副流煙が家の中に入り込み安い位置で喫煙をし、
何度も家の中に副流煙を入りこませた。

・持病があるにもかかわらず、
体調管理を気にしないでお酒飲んでしまう。
そのせいで何度も体調も崩して寝込んだりしているに、
それを改善しようとすらしない生活態度。

これらの出来事が定期的に起きてしまったので、
始めての育児や、
産後の女性ホルモンの乱れで、
精神的に余裕の全くない奥さんには、
ストレスの掛かり方が半端ではありませんでした。

さらにそんな精神状態でも、
何事も無かった様に笑顔で父親と話せてしまう。
そんな自分に言い表せない怖さを感じていて、
さらにそれがストレスになっていました。

ホルモンバランス

ホルモンバランスは目には見えないですが、
妊娠・出産と一大事を乗り越えたばかりの体が女性ホルモンの影響を受けています。

女性ホルモンの乱れから来る自律神経への乱れに奥さんは悩まされていました。

実父によるストレスとホルモンバランスの乱れによる自律神経の乱れが主な原因でした。

これから里帰り育児を考えている方々の不安を煽りたくはありませんが、
場合によっては奥さんの実家ですら完全に安全では無いです。

出産前後に里帰りを考えている方は、
里帰り中の奥さんの実家からのストレスを気にかけてあげてください。

奥さんの産後うつの症状

体が思い通りに動かない

目覚めて起きる時に体が重い。
今日も一日始まってしまった、との意識に支配されてしまいとにかく体が重い。
起きるのが、動くのが辛い。

不安に襲われる

・息子と二人きりになると、
とにかく不安に襲われる。
(今何か起きたら息子を守れるのか等)
足下がグラグラ崩れる感じがして怖くなってしまう。

一緒にいればあまり不安を感じないが、
自分がコンビニへ買い物程度の外出でも息子と二人になると不安に襲われてしまう。

不安を感じてしまうと、
何も手につかなくなってしまう。
授乳するのもギリギリの精神状態になってしまう。

自分がダメな母親に思える

外で見かけたり、SNSで見かける自分以外の母親が全員立派に見える。

他の母親と自分を比べてしまい、
こんなダメな自分が息子の母親でいいのか、
息子は私を必要としているのか、
私じゃなくても息子は育てられるのではないか、
様々な不安に襲われていました。

基本的に無理する性分の奥さんが、
自分から
「私、産後うつかも」

と訴えてきてくれた事から事態の重さはすぐに理解出来ました。

あの時奥さんが無理して一人で頑張ろうとしていたらと思うと
今でもぞっとします…

今まで普通に出来ていた事が出来なくなる

・車で出かけた際に、
チャイルドシートから息子を下す作業に、
いつもの何倍も時間がかかってしまう。
(1~2分で出来るものが5分位かかる)

・手を洗おうと水道の前に立ち、
水を出しっぱなしで立ち尽くしてしまう。
私が声をかけるまで水の出しっぱなしに気がつかない。

・スーパーで買い物をしていて、
定期的に購入している商品が売り切れてた。
通常なら別メーカーの商品を買えば済むが、
どうしていいかわからなくなり精神的にパニックになってしまう。

・とにかくボーっとして何も手につかない時間が増えた。
授乳以外の事がほぼ何も出来ない日が頻発した。
(自分の食事も疎かになりがちだったが、母乳の事を考えると何とか食事をする事が出来た)

メンタルクリニックでの診断

プロに相談して不安を聞いてもらうことで安心を得たい、
自分がどんな状態か正確に知りたい、
このような理由でメンタルクリニックでカウンセリングを予約しました。

そしてカウンセリングと診断をしてもらった結果、
不安障害

と診断を受けました。

クリニックでは、
産後うつになる人の多くが診断上は不安障害と診断されると説明をうけました。

「多くのお母さんが産後うつになります。
貴女だけがなっているわけではありません。」

「女性ホルモンの乱れが主な原因なので、
自分がダメだからなるわけではないので、自分を責めないで、のんびりゆっくり子育てしてください。」

「自分からカウンセリングに行きたいと言えたなら症状は軽い、
自分で解決に動けたなら必ず良くなります」

カウンセリングの時に言われたこれらの言葉にとても救われました。

自分からも同じ様な事を奥さんに言っていましたが、
やはりプロから言われる事により、
奥さんのなかで自分のせいでは無い事に確信が持てた事は非常に助かりました。

おわりに

今回あらためて奥さんの産後うつについて振り替えってみましたが、
本当に初期症状の頃に奥さんが自分でヤバいと感じて私に相談してくれた事が大きかったと思います。

産後うつは冗談では無く、
奥さんや子供、あなたを最悪の事態に陥れる可能性があります。

大げさだと思わずに、
産後の奥さんの様子がこれまでと違って、
元気が無い、精神状態が不安定、無気力でボーっとしている等の症状が見られたら
カウンセリングを受ける事をお勧めします。

そして奥さんの変化を見逃さない様に、
日頃から体調やメンタルの変化に気にかけてあげてください。
(自戒を込めて)

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください