マルガリズム

杉田水脈とかいう国会議員に腹が立った話

calendar

丸刈りメガネです、こんにちは。

今回はとある国会議員に腹が立った話です。

スポンサーリンク

杉田水脈という議員

所属政党

みんなの党→日本維新の会→次世代の党→日本のこころを大切にする党→日本のこころ→自由民主党(細田派)

選挙区

比例近畿ブロック 兵庫6区→比例中国ブロック

(Wikipediaより引用)

まず、政党ってこんなにコロコロ移れるもんなんですね。
主義主張が移った政党の数だけ変わってるって事でよろしいでしょうか??

日本維新と自民党の時に当選しているようです。
本も沢山出しています(後で触れます)。

こう言っちゃうと完全に偏見ですが、
やっぱり比例のみでの出馬ですね(笑)

香ばしい事になる議員とか候補者って大抵比例のみの出馬ってイメージ。

これに腹が立った

腹が立った原因はこれです。

このツイートに関してはかなりの物議をかもしたので、
特に育児関連のアカウントの方は目にすり機会も多く、何かしらの意見をもった人も多いのではないでしょうか。

このツイートに関する私の意見

まずはこれだけ「少子化」、「少子化にも関わらず子育てのしにくさ」が叫ばれているなかで、
自身も親である彼女が親をディスっている点です。

しかも彼女も子育て時に保育園に預けているというから驚き。

自分も仕事の都合で預けておきながら、
同じく仕事の為に預けようとしている親たちを、
子供の事を考えていない身勝手な人達とこき下ろしています。

「お前もテメーがディスってる親と同じじゃねーかwww」の一言です。

さらに上記の様な批判が来ると、
まともな返信もせず相手を馬鹿にしたり、
自分の本に書いてあるから読めと勧めたり。

議論を面倒くさがるなら最初から炎上するようなツイートすんなよwww
議論が仕事の国会議員様だろうがwww

子育ての専門家です、
私の本をお読みくださいと言っておきながら本はコレwww

全然育児とか書いてないwww

香ばしすぎるタイトルwww

おわりに

なんか途中から草はやしまくってしまった。

まぁ、色々ぶちまけたからスッキリしましたwww

最後に杉田水脈議員へ一言。
自身を特権階級の特別な人間と思い込まずに、
国民の目線にたつ(ふりだけでも)事をおすすめしますwww
もう遅いかもだけど育児世代を敵にまわしたのは得策では無かったですね。

Google検索


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください